消費電力の「見える化」

家中の電気機器の電気代を細かくチェックできるようにしたい。「見える化」したい。よく思う。
どこが無駄な電気なのか調べて、省エネしたい。
最近の新聞に、関連記事が掲載されている。

「企業の電力 拠点ごとに管理」
(2009年1月14日 日経産業新聞)
OKI(沖電気工業)が開発した電力管理センサ、およびシステム。

「消費電力『見て削る』」
(2009年1月15日 日経産業新聞)
パナソニック電工竜野(兵庫県竜野市)での省電力化の取組み。

なにが出来るか、なにを行っているかというと、

・電気機器(装置)に電力計を設置。
・電力計に取り付けられた無線を介しLANに接続。
・電力使用量をサーバーで集中管理、分析。

これまでは企業での取り組みが主だったが、今後、一般家庭にも普及することは間違いないと思う。