米大統領 議会演説

さる2月24日に米オバマ大統領が議会向け演説を行いました。前文が日経に掲載されていましたので、読んでみました。

「オバマ米大統領 議会演説詳報」(2009年2月26日 日経)

内容の具体性について、米国内の専門家からは厳しい評価を受けているようです。でも私には、その力強いリーダーシップと熱い思いが、わかりやすい文体に乗って伝わり、好印象でした。これがリーダー、と思いました。YES, WE CAN

…さて、その要旨を自分なりにまとめて見ました。

(1)冒頭:演説の概要
  • 「再建、復活に向け、過ちを正し、大胆にかつ賢く行動する」
  • やります!雇用の創出
  • やります!銀行への融資
  • やります!長期投資(エネルギー、医療、教育)

(2)雇用の創出…「雇用についての課題から始める」
  • 今後2年間で350万人の雇用を救い、創出する。
  • 全世帯の95%に減税を行う。

(3)銀行への融資…「銀行を救うのでは無い、国民を救おうとしている」
  • 新たな貸出基金を作る(貸し渋り対策)。
  • ローン借り換えを支援する。
  • 銀行の資産査定を実施し資本注入する

(4)長期投資1…エネルギー
  • 再生可能エネルギーの供給量を3年で倍層する。
  • 基礎研究に史上最大の予算を計上する。
  • 温暖化ガスの排出量取引市場を設ける。
  • それらの支援のため150億ドルを投入する。
  • 「自動車を発明した国は、自動車を見捨てることはできない」。

(5)長期投資2…医療
  • 医療保険改革を先送りしない。
  • 課題の検討を始める。
  • 困難なものになるだろう。

(6)長期投資3…教育
  • 幼児教育を拡大し改善する。「最も実りある学習というのは、生まれてから数年間に行われるから」
  • 教師の能力を高める新しい刺激策を導入し、教育水準の格差をなくす。
  • 米国人に1年あるいはそれ以上の高度教育か職業訓練を受けてほしい。

(7)その他
  • 数年で財政赤字を半分にする。
  • イラク、アフガンでの戦争を終わらせる。テロは許さない。
  • 核拡散、流行病、サイバースペース、貧困問題を克服する。
  • 同盟関係を強化し、新たな関係を構築する。
  • 世界と強調して経済危機に対応。保護主義拡大を防止する。