兵庫県 三木市(1)髭男爵

本日より、「兵庫県 三木市」シリーズを掲載します。「むむむ・・・みきし?…なんて、知らん」という方もいらっしゃるでしょう。なるべく読みやすく、面白くしたいのですが、どうなりますか。3回にわけて掲載しようと考えています。最初は(1)髭男爵、続いて(2)It's a small world、最後に(3)グリーン革命です。

では第1回、「(1)髭男爵」です。髭男爵(ひげだんしゃく)はご存知でしょうか?

ウィキペディアから「髭男爵
所属事務所(サンミュージック企画)から「プロフィール

漫才師です。山田ルイ53世と、ひぐち君のコンビです。グラスを掲げ、「ルネッサ~ンス!」と声高らかに言うのが特徴です。山田ルイ53世は燕尾服にシルクハットで髭。ひぐち君は緑地の召使いの衣装。私はずっと、山田ルイ53世が貴族的に「ボケ」を行い、ひぐち君が召使いとして「ツッコミ」を入れると思っていたのですが、逆です。ひぐち君が「ボケ」を行い、にこやかに「ツッコミ」を行う山田ルイ53世、という構成です。ちなみにグラスの中身は「ファンタグレープ」だそうです。

さて、貴族である山田ルイ53世。その出身地はどこでしょう。。。。プロフィールによると、それは、

パリ シャンゼリゼ通り」です。

実際は、兵庫県三木市です。来ました、三木市。細かくいうと、緑が丘町の出身だそうです。

兵庫県三木市…よく知らない人も、それがとってもオシャレでトレビアンな町であることが想像できるでしょう。このイメージが大切なんです。きっと。

なお、ひぐち君はというと、福岡県の出身です。福岡市の高校まで卒業したのちに進んだのが、関西学院大学社会学部。「髭男爵」は、ひぐち君が関西学院社会学部時代に作ったコント集団(1999年結成)です。当時は3人グループだったそうです。

関西学院社会学部。すみません、しつこくて。これは、私の近い親戚が社会学部の関係者だったもので。ローカルネタなのです。

山田ルイ53世は兵庫県三木市。ひぐち君は関西学院大学社会学部。非常に、世界は狭い。It's a small world。おっと、ここからは、次回の話題。