Osechi-Ryori Cuisine (おせち料理)

In Japan, we usually have Japanese new year's food called osechi-ryori. The following picture shows the osechi that my mother made. It was very delicious and healthy as usual. Each dish has meaning, such as good health, fertility, good harvest, happiness, long life, and so on.

画像
The osechi is packed in layers of lacquer boxes, called jubako. A special Japanese sake, called otoso is also shown.

画像
There are kuro-mame, kuri-kinton, kazunoko, gomame, date-maki, and kamaboko. Kuro-mame are sweet black beans which mean hardworking healthy. Kuri-kinton is a mixture of sweet potato and chestnut, which means to be wealthy. Kazunoko is salted herring roe which means fertility and prosperities for children. Gomame, or Tazukuri, are teriyaki small dried sardines which mean good harvests. Date-maki is sweet omlet that looks like a scroll and means developments of culture. Kamaboko is steamed fish paste, that is pleasant to the eye.

画像
There are shrimps, yellowtails, and so on. Shrimps means long life, like shrimps' long mustache and twisted their back. Yellowtails means success in life, because the fish change its name dependent on its growth.

画像
They are boiled vegetables, called onishime. They include lotus roots, siitake mushrooms, konnyakus, carrots, daikons, taros, and koya-tofus.



日本では普通、お正月の料理「おせち料理」を食べます。この写真は母が作ったおせち料理です。いつものように、とても美味しくて健康的でした。それぞれの料理には意味があります、たとえば健康とか繁栄、豊作、幸運、長寿、などなど。

(写真1)
おせちは重箱と呼ばれる、層になった漆(うるし)の箱に入れられます。特別な日本のお酒、おとそも写っていますね。

(写真2)
黒豆、栗きんとん、数の子、ごまめ、伊達巻、かまぼこです。黒豆は、甘い黒い豆で、健康的によく働くことを意味します。栗きんとんはさつまいも(sweet potato)と栗(chestnut)が混ざったもので、裕福を意味します。数の子は塩からいニシンの卵(herring roe)で、多産と子供たちの繁栄を意味します。ごまめ、もしくは田作りは、照り焼きの小さなイワシ(sardines)で、豊作を意味します。伊達巻は甘いオムレツ(omlet)で、巻物のように見え、文化の発展を意味します。かまぼこは蒸した魚のペーストで、見た目に彩りを添えます。

(写真3)
エビ、ぶり(yellowtail)などです。エビは長寿を意味します、それはエビの長いヒゲや曲がった腰のように。ブリは人生における成功、出世を意味します、なぜならその魚は成長に従って名前を変えるからです。

(写真4)
それらは野菜の煮物で、お煮しめと呼ばれます。これらはレンコン(lotus roots)、しいたけ(siitake mushrooms)、こんにゃく(konnyakus)、にんじん(carrots)、だいこん(daikons)、さといも(taros)、高野豆腐(koya-tofus)などが含まれます。