天才じゃなくても夢をつかめる10の法則

最近、あまりテレビを見る時間が取れなくて、年末年始から録画していたテレビ番組が増え続けています。少しでも減らしたい、と思い、見た番組は「天才じゃなくても夢をつかめる10の法則(1月20日放送、日テレ)」です。2時間近くのバラエティ番組、といっても民放のバラエティだから、ぱぱっと見て、消せそうだな。。。なんて思いましたが、見始めると結構面白く、勉強になりました。 いろんな「成功者」の体験、経験を元に「10の法則」を紹介する内容でした。登場する人物は、石川遼(プロゴルファー、法則1~4)、坂本龍馬(革命家?、法則5)、エジソン(発明者、法則6)、手塚治虫(漫画家、法則7)、キュリー親子(夫婦・親子でノーベル賞、法則8)、辻井伸行(ピアニスト、法則9)、などです。

■法則その1「子供には厳しく叱れ
~叱られる事で人を思いやる心は育つ~
・叱るときは、シンプルに。

■法則その2「夢を言葉にせよ
~多くの人に夢を具体的に話すことで現実性は増す~

■法則その3「子供をおもいっきり誉めろ
~誉められることでやる気、根気は大きく増す~

■法則その4「好きなことを一万時間やり続ける
~一万時間続けることで、誰でも一流になれる~
・毎日3時間やって、およそ9年。

■法則その5「バカになって人に会え!
~多くの人に会い、視野を広げると夢を見つけられる~
・坂本龍馬の活躍は5年間、その中で動いた距離は地球1周以上。

■法則その6「どんどん失敗しろ!
~失敗を反省し、そこから学ぶことで夢に近づける~
・「失敗と書いて、成長と読む」(野球の野村監督)

■法則その7「子どもが夢中になることはどんなことでもやらせてみろ!
~夢中になることが才能を伸ばし、自分に自信がもてるようになる~
・手塚治虫の母による「漫画の読み聞かせ」→感情をこめると、なお良い

■法則その8「過保護・過干渉は大いに結構!放任主義はやめろ!
~親が手をかければかける程、子どもの脳は発達する~
・研究に没頭したキュリー母のそばで一緒に勉強したキュリー娘→そんな親子になりたいな

■法則その9「とことん親バカになれ
~親バカにならなければ、子供の才能は見つけられない~
・「母親脳」になること。辻井さんの「8ヶ月でCD聞き分け」「2歳でピアノ」は、すごい。

■法則その10「自分の夢のすばらしさを信じ続けろ

以上が、10の法則でした。あと、印象深かった内容としては、
○「おねしょ」は大器晩成の可能性大→前頭前野の発達に関係あり
○関根勤の「創作 桃太郎」の話は笑えた

あとは、番組内で紹介された本のうち、読んでみたいなあと思ったものを以下に。

「天才!成功する人々の法則」( マルコム・グラッドウェル、訳:勝間和代、出版:講談社)
天才! 成功する人々の法則
講談社
マルコム・グラッドウェル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


「頭のよい子が育つ家」(四十万靖、出版:日経BP)
頭のよい子が育つ家
日経BP社
四十万 靖

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


「ぼくのマンガ人生」(手塚治虫、出版:岩波書店)

ぼくのマンガ人生 (岩波新書)
岩波書店
手塚 治虫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


「今日の風、なに色?」(辻井いつ子、出版:アスコ)