ミウラ折り

折り紙の一種、ともいえるでしょう。ミウラ折り、という折り方に少々ハマっています。このミウラ折りは、1970年に三浦公亮氏(東大名誉教授)が考案した折り方です。人工衛星のパネルをロケットに如何に小さく収納し、宇宙で容易に展開するか、ということを研究する過程で生み出されました。紙の対角線の部分を押したり引いたりするだけで簡単に開いたり閉じたりできる感覚には、ちょっと感動させられます。一度作ってみると、結構やみつきになるように思います。

画像
折った紙を開いた様子。
画像
紙をたたんだ様子。

こちらの話題も、爆笑問題のニッポンの教養「未知なるカタチとの遭遇」で学びました。折り方については、こちらなどを参考にされてはいかがでしょう。意外と手先を使うので、手軽に出来る「脳トレ」としても良いかもしれません。