失策の罪は重い。。

昨日は、ベーシック・インカムという政策の話をしました。今日も英語の先生と、その話で盛り上がりました。アメリカでは、「Social Credit」という名称の政策が、それに近いようです。二人に共通した感想としては、「悪くない政策。だが、いきなり変えるのは危険、ゆっくり変革させるべき」でした。「blood in the streets」、暴動のような、大きな犠牲を伴うような変革は避けたいです。。。失策すると、大変なことになります。今日のニュースで、北朝鮮では、政策に失敗した幹部が銃殺されたとか。。。怖いです、というか凄いです。

北、党幹部を銃殺刑=デノミ失敗で責任問われる-韓国通信社

北朝鮮では昨年2009年の11月末に、通貨のデノミネーション(呼称変更)を行い、旧100ウォンが新1ウォンに変更されました。それ自体はさほど特別なことではありませんが、デノミ以降の給料日に、旧札と同額の新札が支払われたり、旧札から新札への交換額が制限されるなど、暴動や混乱が起きている模様です。今は物価が跳ね上がり、インフレ状態にあるようです。ジンバブエほどのハイパーインフレではないにせよ、大変なことです。

でも何が大変って、いきなり、銃を、向けますか。。。。