アバター、ほか映画三昧

ついに見ました、映画「アバター」。3時間の超大作、そして完全3D映像。新しい映像の時代を告げるマイルストーンとして、見ておきたかったのです。どこまでが実写で、どこまでがCG(コンピュータグラフィクス)か、もう良く区別できません。主人公が、「どちらが現実で、どちらが夢か、わからない」みたいなことを言っていたと、なんか重なります。技術の粋を集めると、こんな映画が作れるんだなあ、と、ちょっと、クリエイター達が、うらやましくなりました。3D映像は、やっぱり面白い。けど、まだ改善の余地あり、かな。映画を見るときは「立体メガネ」をかけるわけです。確かに、これをかけなければ立体にはならない。でも、メガネをかけると、少し暗くなります。メガネの光学系のせいか、スクリーンも小さく見えます。映画館ならではの、大スクリーンが少し割り引かれたようになり、ちょっと残念な感じも。技術的に、今後改善できればと思います。

内容は、意外と印象に残っています。宇宙に飛び出した人類が、地球外惑星で資源を搾取しようとする。スパイとして送り込まれた主人公が、その惑星の原住民と仲良くなり、原住民側の味方となり戦う。。。ストーリーとしては、有る意味オーソドックスな内容といえましょうか。でも、面白かったです。一番印象に残っているのは、「アバター」として原住民の体となった主人公の、顔。というか雰囲気。なんか、りりしい。彼のように、何かを守る為に顔を上げ、戦いたいと思いました(何に?)。

さて今週末は、ちょっと時間が出来たこともあり、映画を沢山見ました。こんなに見たのは、久し振りです。「ディープ・インパクト」「20世紀少年」「パイレーツオブカリビアン」「スパイダーマン3」。一番面白かったのは「20世紀少年」でした。「ディープ」と「スパイダー」は、少し微妙、でした。