Mandolin Concert, March 15th

Hi, this is Yoshi. I played at a concert recently. It was held by our mandolin orchestra and another orchestra invited from Italy, so it was like a joint concert. It was a good chance for me to play the mandolin and communicate with many people. Let me show you some details.

画像

The above picture shows the hall we played. It was a church. I took this picture about 30 minutes ago of the concert, but there are already many audiences. I think the number of audience of the concert was about a hundred. When I entered this hall, I was moved by a feeling that I could play the mandolin in such a good place. At the same time, I thought of the disaster in Japan, and then I offered my prayer for a short time.

画像

The picture shows the overview of the church located in Montclair, New Jersey. It looks holy. Since the person who has a key to enter didn’t come for a while, we must wait outside and had almost no time to setup and practice.

The concert was entitled “An International Mandolin Summit.” The program of the concert is as follows;

[Bloomfield Mandolin Orchestra]
The Star Spangled Banner, Francis Scott Key
Benvenuto Concert-Overture, Jacob do Bandolim
Adagio for Strings, Samuel Barber
Angelare, Traditional Italian
Dionysius’ Dream, John T. LaBarbera
Nel giardino di Orfeo, John T. LaBarbera
Tarantella del ‘600, Traditional Italian
A Tazza ‘E Café, Capaldo/ Fassone
La festa splendora, Joh. B. Kok
Tra veglia e sonno, Luigi Canora
Il bacio, Luigi Arditi

[Orchestra dell’ Accademia Internazionale di Mandolino]
Simple Suite, Dimitri Nicolau
Broadway 79, Victor Kioulaphides
Suite Campesina, Sebastien Paci
C. P. O. Rhapsody, Stefano Squarzina
Da un balcone ungherese, Nicodemo Bruzzone

[Joint orchestra]
Concerto No. 6 in A Minor (RV 356), Antonio Vivaldi

That’s all. It contains much music, and it took about two and a half hours to play all. How long the concert was! I thought it should be more shorten next time.

Well, I did not have some of music until the day of the concert. One of them is the first song, The Star Spangled Banner. When I hear the name, I didn’t know what the song is at once. But When I got the music just before the concert, I surprisingly found it was the national anthem of the USA! That’s very honor that I could play the song. In the concert, all the audience stood up during playing. I was so impressed by the behavior and I felt I would be a kind of citizen in this country.

Firstly our orchestra (Bloomfield) played. I felt fear during our play. It is because there were so many situations that the music was almost broken and stopped. I never joined such a dangerous orchestra! It was fun as a good experience for me, though. Plus the hall was very cold, so my finger became frozen and my body was trembled.
On the other hand, another orchestra (International Academy) plays very well. They played very advanced and contemporary music. I was very glad to know there was such a good mandolin orchestra in the world.
Finally, we two orchestras played the concert by Vivaldi, inviting a soloist of the violin. It was also good, but many audiences looked full of music.

画像

The above was taken in our party a day before the concert. They enjoyed much music and chatting. They speak English and Italian, so I felt where I was. How interesting.

Regards,
Yoshi

---
こんにちは、Yoshiです。最近、コンサートで演奏しました。それは私の所属するマンドリンオーケストラと、イタリアから招待したもう一つのオーケストラにより開催されました。それはジョイントコンサートのような形でした。私にとって、マンドリンを演奏する良い機会であり、多くの人と交流する良いチャンスでもありました。詳細をちょっと紹介させて下さい。

(写真:ホール内部)
上の写真は、私たちが演奏したホールです。教会ですね。この写真はコンサートの30分前くらいにとったものですが、既に多くの観客が入っています。思うに、コンサートの観客は100人くらいだったでしょうか。ホールに入ったとき、なんとも言えない感激といいましょうか、こんな良い場所でマンドリンを弾けるんだ、という気持ちになりました。同時に私は日本での災害について思いを馳せ、しばしの祈りを捧げました。

(写真:コンサート会場)
この写真はコンサート会場の外観です。この教会は、ニュージャージーのモンクレア市にあります。神聖な雰囲気ですね。中に入るための鍵を持っている人がなかなか来なかったので、私たちは外で待たなければならず、会場準備や練習の時間がほとんどありませんでした。

コンサートは「An International Mandolin Summit(国際マンドリンサミット)」と名付けられました。コンサートのプログラムは以下の通りです;

[Bloomfield Mandolin Orchestra]
[Orchestra dell’ Accademia Internazionale di Mandolino]
[Joint orchestra]
(曲名は英語版をご参照ください)

こんな感じです。たくさんの曲目でして、全部演奏するのに2時間半くらいかかりました。なんちゅう長さ。次は、もっと短くすべきと思いました。

えと、私はコンサート直前まで、いくつかの楽譜を持っていませんでした。その一つが最初の曲、「The Star Spangled Banner」でした。その名前を聞いたときは、どんな曲かわかりませんでした。でも楽譜をもらった時、私は驚くように気付きました、それがアメリカ国歌であることに!その曲を弾くことが出来て、とても光栄です。コンサートでは、演奏中、聴衆全員が起立しました。その立ち振る舞いといいますか、とても感動しました、そしてなんだか、この国の市民になれたような気がしました。

最初に私たちのオーケストラ(ブルームフィールド)が演奏しました。私は演奏中、不安ばかりでした。なぜかというと、いたるところで、音楽が崩壊して危うく止まりそうになる状況があったからです。私はこんなにデンジャラスなオーケストラに参加したことがありません!経験、という意味では楽しいものですが。さらには、ホールがとても寒くて、私の指は凍りつくし、体は震え出すし。。。

一方のオーケストラ(国際アカデミー)はというと、とっても上手。彼らは先端的で現代的な曲を演奏しました。私は、世界にこんな上手なオーケストラがあることを知って、嬉しくなりました。
最後に2つのオーケストラのジョイントで、ビバルディのコンチェルトを演奏しました、バイオリンのソリストを迎えて。それも良かったんですが、観客はきっと音楽に満腹状態だった気がします。

(写真:パーティ)
こちらはコンサートの前日に行われたパーティで撮影。みんなで沢山の音楽、おしゃべりを楽しみました。それは英語とイタリア語で、私はいったいどこにいるの?という気持ちになりました。よい経験でした。

Regards,
Yoshi