Mandolin Concert, May 1st

Hi, this is Yoshi. Long time no see. I couldn’t update the blog because of lots of tough works for me. During the period, there were several topics to show you...but, today I write an article for the concert held on the beginning of this month. I played the mandolin with my orchestra on May 1st. It is a closing concert for our season.

画像
This picture is an advertisement of the concert. The concert was entitled ‘Mandolin Music through the Centuries.’ How gorgeous it is, isn’t it? The program is as follow;

The Star Spangled Banner, Francis Scott Key
Benvenuto Concert-Overture, Joh. B. Kok
Minuet in G, L. van Beethoven
Suite Serenade, John T. LaBarbera
L’estro armonico, concerto Op.3, No. 8, Antonio Vivaldi

Serenade for Violin and Guitar, Mauro Giuliani
Mandolinata, Victor Kioulaphides
Swimming Down the Stars, Jonathan Jensen
Il bacio, Luigi Arditi
‘A tazza ‘e café, Capaldo/ Fassone
Tra veglia e sonno, Luigi Canora
Concerto No 6 in A Minor (RV 356), Antonio Vivaldi

There were two Concertos of Vivaldi. The concerto Op.3 was originally written for two violins, but we played by two harmonicas. It is a kind of new trial. So, it seems good program. However in fact, I was so nervous for the concert. It is because of the lack of practicing. The previous concert was held on the middle of March. This concert is about one and a half month later after the previous one. It looked completely no time to practice. Of course some of the music were the same as played in the previous, but there were many new songs that are difficult for us to play. I had thought in myself ‘Oh, we must need a half of a year more, but how brave we are!’ But just before the concert, our concert master said out loud, ‘The concert is like a Titanic...' It makes sense.

Eventually, the concert was good. Our play was not only bad, but also the best performance. One reason is some of the music were cancelled because of ‘in case of emergency.’
What a relief, anyway! I’ll show you some pictures in below.

画像
It is the place we played. It is a middle school. It was held on Sunday. In the field of the school, there were many kids and their parents playing soccer.

画像
This picture was taken before the concert. It was so mess. You can see a big television sitting in the center of the hall, as it is a conductor. We must have pushed it back somewhere by ourselves.

画像
The picture shows the entrance of the hall. There is a decoration saying ‘WELCOME.” Strictly speaking, it is the welcome not for us and audience, but for the students visiting the middle school.

画像
I took the picture in the end of the concert. The conductor was giving the audience a farewell talk. He is good at talking and charging the audience up.

Regards,
Yoshi

---
こんにちは、Yoshiです。どうも御無沙汰しております。ちょっと仕事がタフだったもので、アップデートできませんでした。その間、幾つかのお伝えしたいトピックが有ったのですが、、、しかし今日は、今月初めに行われたマンドリンコンサートについて書きます。5月1日にオーケストラでマンドリンを演奏しました。それは我々のシーズンの締めくくりコンサートです。

(コンサートの広告)
これはコンサートの広告です。名付けて「世紀を超えたマンドリン音楽」。うむ、ゴージャスやな。プログラムは以下の通りです;

(プログラム:英語記事参照)

ビバルディによる協奏曲が2曲ありました。作品3番の方は、オリジナルは2台のバイオリンのために書かれていますが、我々は2台のハーモニカで演奏しました。それは新しい試みと言えます。なので、良さげなプログラムです。しかしながら実際、私はとってもナーバスになっておりました。といいますのは、あまりに練習時間が無くて。前回のコンサートは3月中旬に行われました。で今回はその1カ月半後です。ほとんど練習できていません。もちろん、幾つかの曲は前回と同じものを用いています、ですが沢山の新しい曲、しかもなんか難しい曲ばかり。私は思いました、「あー、これは普通、あと半年くらい必要なのに。なんと勇敢(無茶)なことか」。しかしコンサート直前、ついにコンサートマスターがこぼしました、「このコンサートは、タイタニックだ。。。」。その通り。

結果的には、コンサートは上手くいきました。私たちの演奏は悪くないどころか、一番のパフォーマンスでした。一つの理由として、数曲が「緊急事態に備えて」としてキャンセルされたことがありますが。とにかく、ほっとしました。以下、幾つかの写真を示します。

(写真:会場)
演奏会場です。中学校です。日曜日に行われました。学校のグランドでは、多くの子供が親と共にサッカーをしていました。

(写真:コンサート前)
この写真はコンサート前に撮影しました。とても、ちらかっています。ホール中央に、大きなテレビが見えますね。まるで指揮者のよう。私たちは、それを自分たちで押して退けなければなりませんでした。

(写真:入口)
この写真はホールの入口です。飾り付けで「WELCOME」となっています。厳密に言いますと、これは私達と観客のためのものではなく、中学校を訪れる生徒たちに向けられたものです。

(写真:コンサート後)
コンサート後にとった写真。指揮者は観客に、締めのトークをしています。彼は話すことと、観客を盛り上げることが得意です。

Regards,
Yoshi